top of page

塔本シスコ 絵と絵と絵の人生

油絵を始めたのは53歳のとき。

91歳まで亡くなるまで、たくさんのビビッドな絵を描いたシスコの評伝+画集。


3,000円+税

​書籍情報

執筆者

評伝=福迫弥麻

荒井良二 絵本作家
池㞍豪介 世田谷美術館学芸員
坂本顕子 熊本市現代美術館学芸員
鳥羽都子 岐阜県美術館学芸員
橋本善八 世田谷美術館副館長
保坂健二朗 滋賀県立美術館ディレクター

装幀・

レイアウト

櫻井久
中川あゆみ(櫻井事務所)

発売日

定価

印刷・製本所

2023年10月27日

初版第一刷発行

3,000円+税

株式会社東京印書館

©️Mia Fukusako

ISBN978-4-9913259-0-8 C0071

詳細

シスコは、美術教育を受けていません。大正2年生まれの熊本に住む主婦でした。


その主婦が、ある日突然、画家の長男が描いたキャンパスの絵の具を削ぎ落とし、100号の油絵を完成させたのです。53歳の時でした。

それから91歳になるまで、実にたくさんの絵を描きました。

とにかく、シスコの絵は楽しいのです。


本書は、シスコの孫の福迫弥麻さんが執筆した評伝「私は死ぬるまで絵ば描きましょうたい」を収録。評伝に登場する作品を全編に散りばめました。


遠近法は習っていないシスコの絵は、近くのものも遠くのものも同じ大きさ。

幼児の絵がみんなそうであるように、ヒトは皆、正面を向いています。

とにかく自由。ツッコミどころ満載。そしてそこがシスコの魅力です。

シスコの絵は、どこを切り取っても絵になります。だからトリミングしてもシスコの絵。

既存の画集と一線を画す、めくるめくシスコの世界に浸れるポップでビビッドな"評伝画集"です。

塔本シスコ評伝

「私は死ぬるまで絵ば描きましょうたい」 福迫弥麻


第1章 夢のサンフランシスコ

生まれてすぐ養女に/最初の記憶/シスコの家族 東松崎での少女時代

「これからは自分の思いのままに行く」/働き詰めの十代


第2章 春日のおてもやん

シスコの嫁入り/絵画への憧れ/戦争の足音/父との永別


第3章 戦争はおとろしか

長男賢一を出産/宇土に疎開/グラマン戦闘機との遭遇/終戦


第4章 シスコ・ブギウギ

末蔵、キャンプウッドで働く/仕出し弁当屋で再出発

人生の応援歌/白川大水害


第5章 末蔵との別れ

花岡山の仏舎利塔/秋の虫を愛でる/初めての写生会/「絵の具がのさった」

最後の便り


第6章 脳溢血からの生還

シスコ倒れる/石彫《シスコの女神》の誕生/賢一、画家の道へ


第7章 私も大きな絵ば描きたかった

五三歳の衝動/初めての百号、《秋の庭》を描く/洋画家 塔本シスコ誕生


第8章 アトリエは団地の四畳半

私にはこがん見ゆったい/大阪で賢一夫婦と同居/四畳半のアトリエ

シスコ、ダンボールに描く/シスコ、公開制作をする


第9章 波のりこえて

阪神・淡路大震災/故郷熊本での展覧会/世田谷美術館の買い上げ

《もらったラン、もらったシクラメン》に込めたこと/娘和子との永別

悲しみから救った《枚方総合体育館前のコスモス畑》


第10章 私は死ぬるまで絵ば描きましょうたい

あふれだす創作意欲/老いと向き合う/ふるさとの熊本を懐かしんで

孫からの花束を描いた《90才のプレゼント》/シスコの月

bottom of page